エクセル印刷方法⑦:ヘッダー、フッターの設定

お困り相談

①エクセルの上段欄外に、「表題」「作成日付」「ページ番号」などを記入したいのですが、どのようにすればよいですか?


②エクセルの下段欄外に、「表題」「作成日付」「ページ番号」などを記入したいのですが、どのようにすればよいですか?

 

ご回答

①エクセルの上段欄外に、「表題」「作成日付」「ページ番号」等を自動的に記入する方法として、「ヘッダー」の設定機能があります。このでは、この機能をご紹介致します。


②エクセルの下段欄外に、「表題」「作成日付」「ページ番号」等を自動的に記入する方法として、「フッター」の設定機能があります。このでは、この機能をご紹介致します。

 

使用例

①下図のように、エクセルの上段欄外(ヘッダー部分)に「作成日付」「表題」「ページ番号/総ページ数」を自動的に記入するように設定することができます。

また、これらは、それぞれのページに常に表示されるものですので、2ページ目にも同様の事項が自動的に記載されます。

ヘッダー③

②下図のように、エクセルの下段欄外(フッター部分)に「作成日付」「表題」「ページ番号/総ページ数」を自動的に記入するように設定することができます。

また、これらは、それぞれのページに常に表示されるものですので、2ページ目にも同様の事項が自動的に記載されます。

ヘッダー⑥

 

ヘッダーの設定

手順1:ヘッダー入力画面を開きます。

  • 挿入」タブをクリックします。
  • ヘッダーとフッター」リボンをクリックします。
  • デザイン画面」が開きます。

ヘッダー⑨

 

手順2:ヘッダーの入力。


【1.ヘッダー入力位置の決定】

ヘッダー入力位置は、左・中央・右の3箇所から選べます(複数選択も可能です)。

入力したい箇所が決まれば、その箇所にマウスポインター移動させ、クリックして下さい。

ヘッダー⑩

 

【2、ヘッダー入力内容】

ヘッダーに入力できる事項は、「直接文字入力する」ことも可能ですし、「定型項目を入力する」ことも可能です。また、入力した文字の字体、大きさ、色等を変更することも可能です。


①直接文字入力する場合

入力したい箇所に直接文字を入力します。

ヘッダー⑪

②定型項目の入力

定型項目としては、「ヘッダーフッターの要素にある項目」を入力することができます。

  • 「入力したい箇所」を一旦マウスクリックし、
  • その後「ヘッダーフッターの要素」の内「記入したい項目」をクリックして下さい。

ページ番号」、「総ページ数」については、間に「/(スラッシュ)」を直接入力することにより、【1/2】というような表示が可能です。ヘッダー⑫

③入力項目のデザイン

入力項目につきましては、字体、大きさ、色等を変更することができます。

  • 「変更したい文字」の先頭にマウスを置き、マウス左ボタン押します
  • マウスの左ボタン押したまま、「変更したい文字」の最後までマウス移動させます。
  • 最後までマウスを移動させたら、マウス左ボタン離します
  • この操作により、変更したい範囲が「黒色」で塗りつぶされます。変更範囲の選択
  • この状態で、「Homeホーム)」タブを選択し、「変更したい項目」を選択し、変更します。

ヘッダー⑬

④印刷プレビュー画面の確認

印刷プレビュー画面で確認すると、「シート名」である「5月売上データ」が1ページ目及び2ページ目のヘッダー部分に自動的に記載されています。

ヘッダー⑯

 

ヘッダー画面の解除

ヘッダー画面を通常のエクセル画面に戻します。

  • 表示」タブを選択します。
  • 現状の設定は、「ページレイアウト」の設定になっています。
  • 標準」のレイアウトを選択します。
  • 通常のエクセル画面に戻ります。

ヘッダー⑲

 

フッターの設定

手順1:フッター入力画面を開きます。

  • 挿入」タブをクリックします。
  • ヘッダーとフッター」リボンをクリックします。
  • デザイン画面」が開きます。(ここまでは、ヘッダー入力画面を開く場合と同じです。)
  • デザイン画面の「フッターに移動」リボンを選択します。

ヘッダー⑳

 

手順2:フッターの入力。

 ヘッダーの入力と同様です。

 

フッター画面の解除

ヘッダーの入力と同様です。

 

 

 

会社設立が得意な東京税理士事務所

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ