その他の税金

Ⅰ.固定資産税、都市計画税

目次

 

 

固定資産税、都市計画税とは

1月1日現在に「土地」、「家屋」、「償却資産」を所有している場合には、固定資産税や都市計画税が課税されます。

固定資産税、都市計画税の課税は、市町村により課税されます。

法人税や所得税につきましては、納税義務者自身が、「申告書」によって税額を計算し、税務署に提出する必要がありますが、固定資産税につきましては、市町村が固定資産税や都市計画税の税額を計算して、納税義務者に通知します。
(このような、課税の方法を「賦課方式」といいます。)

このため、固定資産税や都市計画税の計算方法等については、法人税や所得税の計算方法ほど、馴染みがないと思います。

ここでは、あまり馴染みのない固定資産税や都市計画税の計算過程について、ご説明致します。

 

 

Ⅱ.印紙税

 

 ケアマネ向け東京税理士事務所

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ