仕入取引

Ⅰ 仕入取引の目次

  1. 商品の仕入れによる費用計上(決算時以外)
  2. 商品の仕入れによる費用計上(決算時)
  3. 決算時に計上した買掛金の支払いをした場合
  4. 在庫がある場合の決算時の処理
  5. 仕入返品・値引・割戻し

Ⅱ 仕訳例

1 商品の仕入れによる費用計上(決算時以外)

(1)例示

商品を100万円(税抜き)で仕入れ、代金を支払った。なお、商品の引き取りに要した運賃1万円(税抜き)が発生した。

(2)仕訳

 ◆支払時
(税抜方式)
(借方)                            (貸方)
 仕入        1,010,000  現金預金     1,090,800
 仮払消費税等    80,800  
(税込方式)
(借方)                            (貸方)
仕入        1,090,800 現金預金       1,090,800

(3)仕訳のポイント

・決算時以外の場合には、仕入代金の支払いと仕入を同時に計上します。

・仕入付随費用は、仕入高に含めます。ただし、一部少額である場合には、仕入高に含めないことができます。少額とは、購入価格のおおむね3%以内とされています。

2 商品の仕入れによる費用計上(決算時)

(1)例示

決算日までに、商品を100万円(税抜き)で仕入れたが、代金はまだ支払っていない。

(2)仕訳

◆決算仕訳

(税抜方式)
(借方)                            (貸方)
 仕入         1,000,000    買掛金     1,080,000
 仮払消費税等      80,000  
(税込方式)
(借方)                            (貸方)
仕入         1,080,000 買掛金        1,080,000

(3)仕訳のポイント

・決算月末までに、商品を仕入れているが、代金をまだ支払っていない場合の仕入れをリストアップする必要があります。

・まだ代金を支払っていないので、買掛金(仕入債務)を計上します。

3 決算時に計上した買掛金を支払った場合

(1)例示

決算において、買掛金計上した代金108万円(税込み)を翌期に支払った。

(2)仕訳

◆代金支払時

(借方)                            (貸方)
買掛金        1,080,000 現金預金        1,080,000

(3)仕訳のポイント

・決算において計上した買掛金は、翌期において消しこみを行います。

・前期に仕入計上しているため、代金支払時において、誤って「仕入」計上しないように注意が必要です。

4 在庫がある場合の決算時の処理

(1)例示

決算日において、商品30万円(税抜き)が在庫として残った。また、期首時点では、在庫として20万円(税抜き)があった。

(2)仕訳

◆決算仕訳

(税抜方式,税込方式)
(借方)                            (貸方)
 商品           300,000  期末商品たな卸高     300,000
 期首商品たな卸高    200,000  商品          200,000
(3)仕訳のポイント

・決算時において、売上高に対応する費用(売上原価)を確定する仕訳が必要となります。

・期末の在庫金額を当期の損益計算からはずし、期首の在庫金額を当期の損益計算に受け入れます。

 

東京税理士事務所

サブコンテンツ

このページの先頭へ