勘定科目別のチェックリスト目次

勘定科目別のチェックリスト目次

 

 

 

勘定科目別のチェックリストについて

会社や個人事業主が法人税等の申告書や個人所得の確定申告書を作成するためには、会社での日々の仕訳等を記帳した「会計帳簿」を前提とします。

このため、会計帳簿での日々の仕訳を行う場合には、法人税法所得税法に従って、会計帳簿に記帳する必要があります。

ただ、法人税法や所得税法に従って、日々の記帳が適切になされているのかを確認することは、「どの個所を確認するべきなのか?」「どのようなポイントを確認すればよいか?」わからないことが多いと思われます。

このような不安を解消するために、通常、税理士(税理士事務所)等が、会社の会計帳簿をチェックしているかを明らかにしました。

税理士事務所がチェックする方法として最もポピュラーと思われるのが、勘定科目ごとの記帳内容の確認作業であると思われます。

会社や個人事業主の方は、記帳を行った後の事後的チェックに、「勘定科目別のチェックリスト」を使って頂ければと思っております。

東京税理士

サブコンテンツ

このページの先頭へ