勘定科目別の個別論点の目次

勘定科目別の個別論点の目次

 

 

 

 

勘定科目別の個別論点につきまして

会社や個人事業主が法人税等の申告書や個人所得の確定申告書を作成するためには、会社での日々の仕訳等を記帳した「会計帳簿」を前提とします。

このため、会計帳簿での日々の仕訳を行う場合には、法人税法所得税法に従って、会計帳簿に記帳する必要があります。

この法人税法や所得税法上での規定は膨大であり、これらをすべて理解して日々の会計仕訳を行うことは、現実的ではありません

かといってこれらを知らずに会計記帳を行うことは、結果的に法人税申告や所得税申告を誤ってしまう危険があります。

このため、「勘定科目別の個別論点」においては、記帳を行う単位となる「勘定科目」を目印として、「勘定科目ごとに、留意しなければならない点」を事前に理解して頂くために作成しております。

日々の会計記帳にあたって、疑問点・不明点等がある場合には、勘定科目ごとにどのような留意点があるのか等を事前にご確認して頂くようにお願い致します。

 

東京税理士

サブコンテンツ

このページの先頭へ