現金預金

1 普通預金から引出し

(1)例示

普通預金から10万円を引き出し、会社の金庫に保管した。

(2)仕訳
(借方)                               (貸方)
現金           100,000 普通預金           100,000

 

 

2 普通預金への預入れ

(1)例示

手許にある現金10万円を普通預金へ預入れた。

(2)仕訳

(借方)                               (貸方)

普通預金         100,000 現金              100,000

 

 

3 預金利息の受取り

(1)例示

普通預金について、受取利息が発生し、預金口座に7,969円の入金があった。

(2)仕訳

(借方)                            (貸方)

 普通預金         7,969  *1  受取利息       10,000   *2
 租税公課         1,531  *3  
 租税公課          500  *4  

*1  預金通帳に入金が実際にあった金額(利息の総額から源泉税が差し引かれている)

*2  入金の金額に、源泉税分を合計した金額が、受取利息となります。

7,969÷(1―0.20315)=10,000

*3   利息の源泉税のうち国税分   10,000×0.15315=1,531

*4   利息の源泉税のうち地方税分  10,000×0.05=500

(3)仕訳のポイント

・預金利息については国税15.315%、地方税5%の源泉税(20.315%)が課せられ、差引で入金されますので、それらを合わせて、受取利息として計上する必要があります。

 

 

 

 東京税理士事務所

サブコンテンツ

このページの先頭へ