所得税の源泉徴収制度の目次

所得税の源泉徴収制度の目次

 

 

 

 

 

所得税の源泉徴収制度の概要

所得税は、所得のある個人(給与所得者の場合は会社等)が、その年度の「所得金額」及び「これに対する所得税」を計算し、これを税務署に申告、納税する「申告納税制度」が採用されています。(申告納税制度として、「年末調整」と「確定申告」があります。)

また、これとともに、特定の所得に対しては、その支払をなす者が、その支払いを行う際に、支払い金額の一定率を「所得税」として、個人から徴収し、その徴収金額を税務署に納付する制度を採用しています。
この制度を、「所得税の源泉徴収制度」といいます。

 

所得税の源泉徴収制度の理解

所得税は、「個人の暦年の所得」を計算して、
・給与所得者であれば、「年末調整」手続により、会社等が所得税の金額を計算して、税務署に申告し
・上記以外の所得者等であれば、「確定申告」手続により、その所得者個人が所得税の金額を計算して、税務署に申告することが前提となります。

ただし、「年末調整」は原則として年末にその事業主に雇用されている人を対象として行われます。このため、
・年度の途中で退職し、年末にどこの会社にも就職していない人が年度内に受けた給与
・複数の事業主から給与を受けている人で、主たる給与を受けている会社等(年末調整を行う会社)以外の会社から受けている給与などについては、年末調整の対象とはなりません。
このような場合には、これらの人に係る所得税の徴収が漏れてしまう可能性があります。

また「確定申告」については、所得者個人に所得税の申告・納付義務を課しているために、個人によっては、その申告・納付をしない場合があります。
このような場合には、これらの人に係る所得税の徴収が漏れてしまう可能性があります。

税務署では、このような個人の所得税の申告・納付漏れをなくすために、
「事業主」が「個人」に給与や報酬等を支払った時点で、その支払額の一部を「所得税」として、事前に徴収する制度を設けています。

 

埼玉整骨院税理士

サブコンテンツ

このページの先頭へ