宿直・日直に対する所得税の課税・非課税範囲

宿直、日直とは

 所定労働時間外又は休日における勤務の一態様で、構内巡視、文書、電話の収受又は非常事態に備えて待機するもので、
  ’
②常態としてほとんど労働する必要のない勤務をいいます。
・このうち夜間にわたり宿泊を要するものを「宿直」といいます。
 ’
・また、その時間帯が主として昼間であるものを「日直」といいます

【宿日直の留意点】

①宿日直勤務については、労働の密度や態様が普通の労働と著しく異なり、ほとんど労働する必要のない勤務のみの場合認められるものです。
原則として、通常の労働との継続性はなく定時的巡視緊急の文書又は電話の収受非常事態発生の準備等を目的とするものということになります。

②通常の労働を継続して行い宿直する場合には、宿日直にあたりません。
⇒これにつきましては、残業(深夜残業)として取り扱われます。

③休日に出勤して、通常業務を行う場合には、日直にあたりません。
⇒これにつきましては、休日残業として取り扱われます。

 

宿日直料に対する所得税の非課税範囲

1回の宿日直について支給される金額のうち、4,000円までの範囲で所得税が非課税となります

 

宿日直時に食事の支給がある場合の所得税の非課税範囲

宿直又は日直の勤務をすることにより食事が会社等から無料支給される場合には、
4,000円からその食費を控除した金額」までの範囲で所得税が非課税となります

 

 宿直、日直料に対して、所得税が課税される場合

以下のような場合には、宿直料、日直料として会社が宿日直手当を支給していたとしても、そもそもその勤務が宿直、日直に該当しないために、支給金額の全額所得税の課税対象となります
このため、これらの支給の場合には、源泉徴収の対象となる給与となります

休日又は夜間の留守番だけを行うために雇用された者について支給される宿直料又は日直料
 ’
その場所に居住し休日又は夜間の留守番をも含めた勤務を行うものとして雇用された者に当該留守番に相当する勤務について支給される宿直料又は日直料
 ①宿直又は日直の勤務をその者の通常の勤務時間内の勤務として行った者に支給される宿直料又は日直料
 ’
②これらの勤務をしたことにより代日休暇が与えられる者に支給される宿直料又は日直料
宿直又は日直の勤務をする者の通常の給与等の額に比例した金額又は当該給与等の額に比例した金額に近似するように当該給与等の額の階級区分等に応じて定められた金額により支給される宿直料又は日直料

【留意点】

①宿直、日直のために雇用された人に対する支給額は、単なる基本給として、所得税が課税されます

②通常の勤務との継続性がある場合には、単なる割増残業代金として、所得税が課税されます

③通常の基本給に比例した形で支給されている場合には、通常勤務との継続性が推定されることから、所得税が課税されます

 

 

新宿整骨院税理士

サブコンテンツ

このページの先頭へ